◆ 永年の幅広い行政経験と、生野区に赴任して感じたこと

建築系の大学院修了後27年間、市の本庁舎で企画部門を中心に幅広い業務を担当してきました。機会あるごとに住民参加や都市内分権による区政の充実を唱えてきたこともあって、10年前の夏に区政改革推進の担当課長として生野区役所に赴任することになりました。
後に、副区長兼保健福祉センター長に昇任し、トータル5年8カ月、区政の前線にたって、空き家対策や学校の統廃合と教育環境の改善、子どもの貧困対策、お年寄りの見守りシステムの構築など様々な課題に取り組んできました。
その間、できる限り、地域に飛び出す公務員を心掛け、地域の方々と直接の触れ合いを大切にして、業務にあたってきました。課題によっては、地域の方々と対峙することも多くありましたが、場面が変われば、本当に親しく接していただきました。
私にとって生野区は、下町の風情を残した人情味豊かなまちであり、また、長屋と路地、商店街に銭湯、ものづくり、在日とニューカマー、地車や地蔵盆など、多様で豊かな生活文化がとても魅力的でした。また、様々な可能性が感じられるとともに、普段から様々な価値観に触れられることから、異なる意見を尊重したり他人の意見を受け入れる人間性が自然と身につけられ、これからの時代の社会インフラとして、とても価値あるものであると肌で感じることができました。

地域の取り組み

子育てサロン
だんじり 
もちつき
模擬店

◆ 疲弊する豊かな生活文化と、解決に向けた拠点づくり

一方、生野区は大阪市内で最も製造業の事業所数が多い「ものづくりのまち」ですが、その経営環境は年々厳しくなり、移転や廃業が続いています。また、大型ショッピングセンターによって商店街が寂れ、近年は、ネット通販により、まちのお店も減少しています。
人口も減少が続き、空き家となった長屋や路地の解体も進み、銭湯も年々その数を減らしています。
さらに、スマホが普及し生活が便利になるにつれ、地域の人同士の交流も希薄になり、お互いに支えあう・気軽に相談するような助け合いが激減しているようにも思われます。また、伝統文化に対する愛着も薄まり、地車囃の音色までがうるさいとトラブルになるなど、地域のアイデンティティも低下していく状況と言えます。
残念なことに、生野区の豊かな生活文化が、どんどん疲弊してきています。
そこで3年前の夏、こうした状況の解決の糸口ともなればとの思いで、仲間とともに空き家を借りて、「人と人との交流を促し、地域生活を豊かにしていくための拠点」を立ち上げることにしました。
手探りで、徐々にボランティアの講師仲間を募りながら、ギターセッションや、健康サロン、子育てママのためのプチ起業相談、子供向けの歌と工作の広場、スマホ教室や空き家相談など、様々なイベントを継続的に実施しています。
もものや(桃の谷)】 http://momonoya.main.jp/ ← ここをクリック

まちの保健室(もものや~桃の谷)
もものやマルシェ(もものや~桃の谷)

その他のボランティア活動

へっついさんプロジェクト
へっついさんプロジェクト
自然生態園のサポーター
カンボジアでの学校建設
地域イベントのスタッフ

◆ 公務員、サラリーマン意識からの脱皮!

こうした拠点の運営に取り組むなかで、私は、自分自身のなかで欠けているものに気づき始めました。
それは、これまでの「公務員、サラリーマン意識」から脱皮し、「自らの意志で学び、自分の耳と目で確かめ、自分の力でことを動かしていく。」という個人としての能力です。これを高めていかなければ、将来、政治家になれたとしても、皆さんの期待に応えていけないのではと感じたわけです。
そこで、少し、突飛に思われるかもしれませんが、まず、私は、もう一度、大学に行って、公務員に欠けている「経営感覚」、そして、これからの社会に大きな変化をもたらすであろう「情報技術やシステム」を基礎から学んでみようと考えました。通学も考えたのですが、政治活動との両立を考え、通信制の大学、「サイバー大学の総合情報学部」に入学することにしました。若い学生さんたちともネットを介してともに勉強し、この春に卒業、学位をいただきました。
また、私は建築士としてのバックボーンをもとに、生野区の課題のひとつである空き家問題を、区役所時代から継続的に仲間とともに取り組んできましたが、より実践的な知識と能力を身に着けるために、宅地建物取引士の資格をとり、空き家相談等に生かしてまいりました。
さらに、サラリーマン生活してきた私は、我々の社会にとって大切な、税金、年金、社会保険に関する知識が乏しいところがありましたので、ファイナンシャルプランナーという資格試験を受けることによって、相続や会社の事業承継、投資や金融といった内容を含めて、政策を考える上での、幅広い知識も広げることができました。

一級建築士

サイバー大学卒業(令和4年)
宅地建物取引士
CFP

政治活動

街頭活動
阿倍野駅前
自民党広報車
街頭活動
ポスター掲示
参議院松川候補応援
都構想反対アピール
佐藤正久参議院議員

趣味

学生時代の陸上競技
フットサル